仙台向山音楽教室 despina.exblog.jp

声楽とピアノの教室をしています!ブログは日記中心です。教室についてのお問い合わせは、こちらまでどうぞ。despina0122@gmail.com


by despina
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ピアノってどれくらい練習すればいいの?

日記ばかりじゃなくて、たまには音楽の話も書こうかと思います^^

素朴なギモンとして、小さなお子さんをお持ちの親御さんは、一体ピアノってどれくらい練習するものなのか?ということを思われることが多いようです。

これは特に正解はないのですが、理想を言えば、ピアノをはじめたばかりの小さなお子さん、小学校低学年くらいまでのお子さんだったら、先生からもらった曲を一日10分くらいできたらまずは良いほうだと思います。10分がムリだったら、とにかく一日5回、宿題の曲を弾くことができれば、合格です。これは「先生からもらった曲」というのが重要で、お子さんが大好きなアニメなどの主題歌などではありません。
これをやってくれると、ほんと最初のうちは次々に進んじゃいます!楽譜の読み方にも、早めになれると思います。
なんだこれくらい!たった10分?と思うかもしれませんが、小さい子にとってはけっこう、こういう習慣をつけるのは大変なことで、お子さんの個人差にもよりますが最初はなかなかできないと思います。
何も言わなくても、学校(幼稚園)から帰ったらピアノのおさらいをして、それから遊びに行く....というお子さんは、大体滅多にいません^^
それに、最近はパパやママも忙しいですよね。だからそうそうお子さんのピアノにつきあってばかりいられないと思います。
それに、きっちりきっちりというのも実際疲れますし.....お子さんがピアノをキライになったら、そのほうが練習をしないよりもずっと悲しいことなので、最初のうちは特に、
「ちょっとでも練習したら過大に褒める」
というのが大事かもしれません。

そしてレッスンが進み......小学校高学年くらいになれば、練習曲のほかにいわゆるピアノ曲、有名な曲なども含めて、そこそこの曲を弾くようになります。それくらいになったらそれこそ本人の自主性もありますが、できれば30〜1時間くらい、これくらい練習すると、新しくもらった曲の譜読み、そしてその曲を音楽性をもって弾くことがわりとラクにできるようになるはずです。これは純粋に訓練のたまもので、ピアノというのはやはりある程度技術で弾くものですから、確かな技術力がついてくる.....という感じだと思います。もちろんその上に感性などが乗っかって、良い演奏になっていきます。

大人の方は、お仕事の関係もあってなかなかそうもいかないと思いますが、たとえわずかでも毎日ピアノに触れて、指を動かすようにすることで早く上達することは間違いないです。でも、その「毎日」というのが難しいのですよね〜、気持ちはわかります^^

で、上記は、いわゆる「理想」の状態です^^みんながみんなこうだったら誰も苦労しないよ!っていう感じでしょうか^^
ぶっちゃけた話、レッスンがある!と意識するだけでだいぶ違うものです。わたしも過去、そうでした。レッスンがあるから無理矢理練習したり、思わず好きな曲ばかり弾いてしまったり、やはりね〜、そうそう杓子定規にいきませんよね。
今思うと、そうそう真面目一途な生徒でもなかった気がします^^でもなんとか最後のガンバリで音大受験をしましたから、たとえちょっとくらい不真面目でも「音楽が好き!」という気持ちがあれば、いいんだと個人的には思ってます^^
なので、長い目で見てあげてください....ね^^
[PR]
by despina | 2009-09-06 08:44 | 音楽教室について思うこと