仙台向山音楽教室 despina.exblog.jp

声楽とピアノの教室をしています!ブログは日記中心です。教室についてのお問い合わせは、こちらまでどうぞ。despina0122@gmail.com


by despina
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:音楽の話( 6 )

最近夏休みのときのお出かけ記録ばかりしていたのですが(それもまだ終わってないんだけど)
久しぶりに日記を更新しようかと思います。

今日は声楽とピアノの演奏グループ「ラヴィーニア」として、演奏ボランティアに行ってまいりました。
先月の末にも若林区のグループホームにお邪魔して歌を歌って来たのですが、
今回は自宅から近い緑ヶ丘のデイサービスセンター「こーぷのお家」に呼んでいただきました。

近い場所にも関わらず、なぜか道に迷ってしまい(方向音痴なんです~)、
時間ぎりぎりの到着になってしまいましたが、
すぐに演奏をはじめることができ、歌の好きな方々が集まってくださったということで、
とても盛り上がりました!

今回のプログラムは、

ななつのこ
野ばら
アヴェマリア
荒城の月
宵待草
赤とんぼ
村祭り
もみじ
幸せなら手を叩こう
勿忘草
花は咲く
ふるさと

最後にアンコールで、あざみの歌

を歌いました。

季節感を大事にしたいので、秋には秋の歌を多く取り入れています。
なるべくみんなが良く知っている歌、記憶にあるような歌を歌うようにしています。

みんなで一緒に歌うことも多いです。今回は赤とんぼ~幸せなら手を叩こうを中心に、歌詞カードを配っていただき、「幸せなら手を叩こう」ではみんなで体を動かしながら、楽しく歌いました。

でも、歌詞カードをお配りしなくても、皆さん本当によく歌詞を覚えていらして、いろんな歌をみんなで一緒に歌うことができました。とてもうれしかったです^^

演奏のお仕事、演奏のボランティア、いろんなところに行っています。
良かったら気楽にお声かけください^^
都合のつく限りお伺いしています。
[PR]
by despina | 2012-10-12 01:24 | 音楽の話
先日、3月9日に、仙台市泉区にある有料老人ホーム「エバーグリーンシティ寺岡」にて、ボランティア演奏をさせていただきました。
今回は、声楽とピアノの音楽グループ「ラヴィーニア」として訪問させていただきました。

1時間ほどのステージで、日本歌曲、ドイツ歌曲、オペラのアリア、昔のラジオ歌謡ほか、いろいろ...
なるべくみんなが知っているような曲を中心に、演奏させていただきました。
みんなで歌うコーナーも、とても盛り上がって、楽しい会になったのではないかと思います。
演奏後、聞いてくださっていた方とお話ししましたら、ホームの中に、歌を歌う会があり、みなさんで歌っているとのこと。
声を出すのは、体にも心にもいいので、とてもいいことだなぁと思いました。

とても素敵な場所だったので、ところどころ写真を撮ってきました。ケータイ写真なので画像はいまいちですが....

d0150608_0243467.jpg

とても素敵だったシャンデリア。ホームの中は、アンティークな雰囲気でまとめられていました。

d0150608_0255268.jpg

d0150608_0275989.jpg
d0150608_028275.jpg

本がたくさんあったり、陶芸をやる場所があったり、趣味を楽しめる場所もたくさんありました。

d0150608_0293791.jpg

お食事までいただいてしまいました^^

d0150608_037285.jpg

絵もたくさん、飾ってありました。これは演奏会の模様でしたので、なんとなく写真を撮ってみました。

わたしたちの演奏中の写真も撮っていただいたのですが、デジカメの画像はうまくアップできなくて...(普段、このブログはケータイ写真しかアップしていないので^^)

最後に、きれいなお花までいただいてしまいました。
ありがとうございました。
d0150608_0386100.jpg


家に飾らせていただきました。
d0150608_039054.jpg

d0150608_0391657.jpg

[PR]
by despina | 2012-03-14 00:40 | 音楽の話

発表会が終わりました。

2月11日、建国記念の日。
仙台市青葉区のティーラウンジ「ルフラン」にて、向山音楽教室の発表会を開催いたしました。
d0150608_235193.jpg

d0150608_2363183.jpg
d0150608_2371087.jpg



女の子たちはみんなすごく可愛らしいお洋服で、男の子たちもきりっとしていて.....
演奏もそれぞれ素晴らしかったです。

みんな本当にぎりぎりまで、一生懸命がんばってくれました。
最後のレッスンのときには、泣いてしまったお子さんも。
でも、そのがんばりが、当日の演奏に生きていました。
大人の人や大学生さんも、年度末で忙しいのにがんばってくれて、みなさん素晴らしい演奏でした。

生徒さんたちの発表のあとにはわたしも2曲演奏し、高校時代の同級生であるshinonome西塔さんにゲスト演奏を2曲、していただきました。
ケーキとお茶を楽しみながらの発表会、
見に来ていただいたお客様方にも、楽しんでいただけたでしょうか。
会場の中には、60名近くのお客さんがいらっしゃっていたと思います。
暖かい会になり良かったです。
d0150608_23104099.jpg


当教室では、大体1年半に1回くらいの発表会を予定しているのですが、
今回は震災を挟んだため、ちょうど2年ぶりになりました。
d0150608_23112845.jpg


時期が年度末に差し掛かってしまったため、開催しようかどうか、迷いましたが....
やはり今年度中に開催して、良かったと思います。
ステージに立つという経験を、してもらえてよかった。
d0150608_2311483.jpg



でも、インフルエンザでお休みの生徒さんが出てしまったり、という悲しいこともありましたので、きっと今度はもう少し、暑くなく寒くなく....という時期に開催したいと思います。

素敵なお花をいただきました。ありがとうございました。
d0150608_23102038.jpg


これからまたしばらく、通常レッスンに戻りますが、しっかりがんばっていきましょう^^
これからも向山音楽教室をよろしくお願いします。
[PR]
by despina | 2012-02-13 23:18 | 音楽の話

音楽ボランティア

昨日、お友達に誘っていただき、仙台市内の老人ホームへ音楽ボランティアをしに行ってきました。
イタリア歌曲と、日本歌曲を何曲か、歌って来ました。
そのホームはロビーにグランドピアノが置いてあり、そこで毎週、音楽会が開かれているのだそうです。

以前東京に住んでいた頃、ホームへ入っている知人のお母様のところへ、毎週のように歌を歌いにいったいたことがあります。わたしがひとりで歌うこともあれば、一緒に歌うこともあります。音楽療法の社会人向け講座に半年ほど通っていた時期があるのですが、何にせよ音楽というものには脳を活性化させる働きはあるようです。
認知症の進み具合を少しゆっくりにしたり....止めること、治すことはできなくとも、音楽が刺激になって、おじいちゃんおばあちゃんたちが少しでも楽しい時間を過ごすことができたら、とても良いことだと思います。

昨日も、いろんな意味で勉強をしてきました。普段のレッスンにも、こういった体験を生かしていきたいと考えています。そしてまだまだわたしも研鑽を積まないと.....と思います。
[PR]
by despina | 2010-11-26 15:39 | 音楽の話

ドイツリートの話。

今日の仙台は、雨で、かなり肌寒いです。夏のように暑く、冷房をつけたいくらいの陽気だったのが、春先へと逆戻りしたみたい。
庭のバラも、濡れて寒そうです。ところで、バラというものは雨に弱く、すぐに病気が出るので心配です。せっかく、開きかけなのがいっぱいあるのに残念!
無事を祈るばかりです。

ところで、話は全然変わりますが、最近のわたしのお気に入りはドイツリート。
学生の頃は、
「ドイツ語って発音が難しいし苦手〜」とか思っていたんですが、最近、ふと、良さに目覚めて、時折譜面台にシューベルトを載せて歌っています。
年のせいかしら.....
年齢を重ねてわかる良さ、というものもあるのかもしれませんね。
今日も部屋でCDを流していたら、外の雨と良く合って、なんともいえない気分になりました。
しっとり!

写真は昨日のバラです。d0150608_1419369.jpg
[PR]
by despina | 2008-05-29 14:19 | 音楽の話

リヒテルと山形

なんだか、ただの日記ばかり書いているような気がします(笑
ので、今日は久しぶりに音楽の話をしようと思います。

みなさんは、演奏会等に、よく行かれますか?
わたしは、子供が小さいせいか、今はなかなか演奏会を聞きに行くことができません。
けれど、さすがに、年に何回か、どうしても行きたい演奏会へは、ムリをしてでも行くことがあります。
特に、滅多に見られない海外の大物、年配の演奏家に関しては、どうしても、
「今、生で聞かなければ、もう、聞けないかもしれない」
と、思ってしまうので、弱いです.....
そしてそのことに、ある理由があります。

わたしが高校生の頃の話です。
もう、ずいぶん前の話です。
わたしは、高校の音楽科に通っていました。
音楽科の高校ですから、毎日は音楽漬け。
高校生の頃って、未来に希望はあるし、今思えば毎日楽しかったです。
その頃は、それなりに、悩みもあったような気がしますけどね。
そんなある日、テレビで、あるCMが流れ出しました。
「ピアノの巨匠、リヒテル!山形公演!」
教室では、ちらほらと、そんな話題が出るようになりました。
山形とは行っても、海のほうの町での公演だったので、わたしが住んでいた山形市からはちょっと遠くて、クラスの中でも、行く子は少なかったと思います。
わたしも、何しろテレビで「巨匠!!」と言っているし、ちょっと見てみたい気持ちはありましたが、実はそのときそれほど、リヒテルのことを知らなかったのでした。
で、わたしはそのとき、その演奏会へは行きませんでした。

今思えば、なんてもったいないことをしたんだろうと、悔やんでも悔やみきれません。
あれは見ておくべき、聞いておくべきものでした.....
わたしは今、かなりのリヒテルファンです。大好きです。でも、たとえどんなに遠くへ行こうとも、もうリヒテルの生演奏は聞くことはできません。リヒテルは、亡くなったのですから....

それに、あの公演は、変わり者のリヒテルが、大都市公演の間に、「日本の海辺の寂れた町で演奏会がしてみたい」というワガママ(?)を言いだして、それでたまたま山形が選ばれたらしいのです(わたしの故郷に失礼と言えば失礼だけど、まぁ、リヒテルなら許す!なんと言っても、本物の芸術家だしなあ)。
そうじゃなかったら、リヒテルの様な大物が、山形でコンサートを開くなどということは無かったのです。
今思えば、本当にどうして、行かなかったのかなあ、あの演奏会....
今でも後悔しきりです。
山形の小さな会館で弾くリヒテルを見たかった。
で、もしも、リヒテルに質問ができるのなら、
「リヒテルさん、山形を楽しんでくれましたか?」
って、訊ねてみたいなあ。
[PR]
by despina | 2008-04-11 14:34 | 音楽の話